過去ログ

妊婦加算がいつの間にか導入されていた・・・妊娠中の女性が病院を受診すると追加料金がかかるように。

更新日:

赤ちゃん

2018年4月から導入された妊婦加算をご存知ですか?

  • 妊娠中の女性が病院を受診すると追加料金がかかる
  • 初診時750円、再診時380円(3割負担だとそれぞれ225円、114円)
  • 導入されたことを知らない人が多い

 

会計時に妊娠中なら料金が変わると説明され、導入されたことを知った女性がツイッターに投稿して物議を醸しました。
導入された経緯や、背景にはどんなものがあるのでしょうか。




妊婦加算が導入された経緯は?

妊婦加算の対象となるのは、健康保険証を使って受診するとき。

 

妊婦健診や出産費用は健康保険で3割負担になるわけじゃないので対象外。(その代わり妊婦健診は自治体から助成があったり、出産費用は42万円支給されたりしますよね。)

 

妊婦加算が導入された経緯について、厚生労働省の担当者は以下のように話しているそう。

  • 妊娠中の方が外来で診療を受けるときに、医療機関側の体制を強化する必要がある
  • 妊娠中の方に安心して妊娠を継続、また胎児に配慮した診療を適切に行わねばならない
  • 医療機関側では高い診察技術が要求されるため、診療報酬の妊婦加算を導入することにした

 

診療報酬の改定などをおこなう中央社会保険医療協議会が、2018年3月にまとめた答申のなかに妊婦加算の新設があり、4月に導入された。

 

診療報酬の改定は2年に1度で、今回マスメディアで大々的に報じられる機会は少なかった。

 

医療機関には通達したものの、患者への周知が不足していたため問題化した可能性が高そうだ。




年金や医療費にかかる税金がヤバすぎる

妊婦加算を導入して妊娠中の女性に負担を強いるのはおかしい!少子化対策に逆行している!という批判が多いらしい。

 

ただ・・・年金や医療費にかかる税金が毎年社会保障費100兆円超えちゃってるんですよね。

 

国としては、負担をお願いできる層にすこしでも加算するほかないのでは。

 

高齢者の年金を減らしたり、難病で高額な医療費がかかる人に更なる負担を強いるよりは現実的な施策に思えます。



導入されたばかりの制度だから、認知を広めていこう

新しくはじまったことには問題がつきもの。

 

今は浸透している介護保険制度だって、導入当初はすさまじい批判の嵐だった。

 

知らないことは不安につながるので、まずは多くの妊婦さんに制度を広めていきたい。




-過去ログ

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.