IT

パソコンを自作して得られる2つのメリット

更新日:

パソコンを自作したことはありますか?

スマホやタブレットが普及して

パソコンを持っていない人が増え

ましてや自作なんて考えたこともない人も多いと思います。

しかしパソコンを自作することで

パソコンへの理解が深まり

困ったときのトラブルシューティングや

市販パソコンを買うときの目利きもしやすくなるんです。

ぜひ一度はパソコンを自作してみてください。




パソコンはどんなパーツで出来ているのか

パソコンを自作するのに必要なパーツは7つです。

  • マザーボード
  • 電源
  • CPU
  • メモリ
  • ハードディスク
  • ディスクドライブ
  • パソコンケース

キーボード、マウス、ディスプレイは必須なので
説明は省略します(笑)

それでは順に見ていきましょう。

マザーボード

パソコンの大元になる土台であり基盤です。

電源

もちろん電源も自分で準備します。

CPU

パソコンの頭脳です。

intel coreとかceleronとかパソコンのカタログに書いてあるアレです。

メモリ

メモリはよく机の上に例えられます。

メモリ容量が大きいほど広い机なので

作業がはかどる=パソコンがサクサク動きます。

ハードディスク

メモリが机の上なら
ハードディスクは引き出しです。

引き出しが大きいとたくさんの情報をストックできますね。

今はハードディスクの代わりにSSDが普及していますが
SSDについては改めて勉強しなおします。

ディスクドライブ

パソコンが組みあがっても、動く仕組みを作ってあげないことには
パソコンは働いてくれません。

WindowsのインストールはCDやDVDで行うことが多いので
CDやDVDのディスクを読み込めるドライブも必要です。

USBメモリでWindowsのインストールができるようになったとも
風の噂で聞いたので、また勉強しなおします。

パソコンケース

パーツを組み合わせましたが
ハダカでは見栄えも悪いですし
精密機械にホコリが入ると大変です。

パソコンケースで覆って保護してあげましょう。

自作パソコンで得られる2つのメリット

1.パソコンに詳しくなり問題の切り分けができる

それぞれのパーツの働きを理解することで
トラブルがあったとき問題がどこにあるか
問題の切り分けを行いやすくなります。

2.パソコンの買い替え時期を意識できる

パーツはそれぞれ繊細なので
数年パソコンを使っていると
経年劣化が生じます。

またパソコンの買い替え時期について
壊れるギリギリまで使うのではなく
ある程度の期間で買い換える意識が芽生えると思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




-IT

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.