投資

【2017年11月更新】仮想通貨を始めるうえで知っておいて欲しいこと

更新日:

ビットコインが100万円を突破しました。

短期的な上下はあっても、この先も右肩上がりの成長が予想されます。

ビットコイン、持ってますか?

アルトコイン、ご存知ですか?

持っていないならば、いつ買いますか?

(今デショ!)

ビットコインやアルトコインは、仮想通貨の取引所「coincheck(コインチェック)」で買うことができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

人は価値が上昇するモノに群がる

ビットコインは2017年1月から、1年間で10倍以上価格が上昇しました。

年初はほとんど誰も見向きもしなかったビットコインが、今では注目の的です。

価値が上昇するから群がる。

低い価格で保有していた人は、上昇した時点で売り抜ける。

売られると価格が下がる。

価格が下がると、持っていない人や買い増ししたい人が買う。

再び価格が上昇する。

 

この繰り返しです。

株でも不動産でも、相場で価値が変動する資産は同じ動きをします。

ビットコインが株や不動産と違うのは、成長規模が未知数であることです。

仮想通貨は誕生したばかりの資産

ビットコインやアルトコインは現物がなく、デジタル世界に存在する通貨のため「仮想通貨」と呼ばれます。

土地の売買や株取引は、歴史もありその道のプロが無数に存在します。

しかし仮想通貨は、インターネットが急激に普及した産物で、誕生したばかりの資産なのです。

ゆえに巨万の富を有する人々は、まだ様子を見ている段階です。

富豪が参入してくると、個人では勝ち目がありません。

だからこそ、黎明期に仮想通貨に慣れておくのが得策なのです。

アメリカの成長企業を正確に読みきった人が何人いるか

2016年末の時点で、世界の時価総額TOP3は「アップル」「グーグル」「マイクロソフト」です。

マイクロソフトの株価はITバブル時に500倍超、現在でも300倍を超えています。

当時たくさんのIT企業が乱立する中で、マイクロソフトの現在の成功を正確に予想し、株を保有し続けた人がいったい何人いるでしょうか。

企業の成長を正確に読むのは、投資のプロでも不可能です。

だからこそ、成長する可能性のある投資先に「分散」して投資をするとよいです。

★合わせて読みたい★

 

13種類の仮想通貨を取り扱うcoincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)では、ビットコインのほかに12種類のアルトコインを取り扱っています。

現状ビットコインに注目が集まっていますが、アルトコインのどれかが大当たりするかもしれません。

余剰資金で、さらに投資先を分散することで、リスクを最小限にして、大きなリターンを見込みます。

手数料が高いので短期の回転売買はおすすめできない

インターネット証券口座で株式を購入する場合、環境が整っていることもあり、売買手数料は低めに抑えられています。

仮想通貨は誕生したばかりの取引なので、環境が整備されておらず、売買手数料も相応にかかります。

相場の値動きで、価格差で利益を出す短期売買は、手数料が高いことを考えると仮想通貨ではおすすめできません。

1度購入したら、当分は保有し続ける方がいいでしょう。

利益を日本円として受け取ってしまうと、税金も発生します。

「暴落で買い、暴騰で売る」がセオリー

暴落時はどこまで下がるかの恐怖が、暴騰時はどこまで上がるかの高揚があります。

それが一般的な感覚です。

しかし、ほかと同じことをしていては勝つことはできません。

仮想通貨が長期的には右肩上がりだと考えるなら、暴落時にあえて購入することで、目先の価格下落に惑わされるリスクを軽減できます。

中期的に相場の価格変動で利益を出したい場合は、暴騰時にサッと売ってしまって、価格が下がったらまた購入するとよいでしょう。

※売買については、あくまでも自己責任でお願いします※

なお堅実な投資については、ロボアドバイザー投資がいいでしょう。

★合わせて読みたい★

仮想通貨の取引はコインチェックに登録すれば始めることができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-投資

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.