自己実現

住む場所によって違う運転マナー

更新日:

自動車を運転していると、マナーが悪いとイラ立つことありますよね。

 

でも住む場所によって、マナーは結構変わってきます。

自分のマナーが正しいと思い込むのではなく、柔軟に対応しましょう。

 

郷に入っては、郷に従え、ですよ。




車線変更でウィンカーを出さない

無茶な割り込み、というほどではないですが、図々しく感じてしまいますね。

 

ウィンカーを出して車線変更してくる車は、進路を譲った後にハザードを2、3回短く点けます。

ウィンカーを出さない車は、進路を譲っても何食わぬ様子です。

 

少しの気を遣うだけで、余計なイラ立ちを感じずに済むんですけどね。

 

軽自動車のブレーキタイミングが遅い

普通乗用車だと、ブレーキを踏んでから減速するまでに、少し時間がかかります。

だんだん減速して、最後にゆっくり停止する、ポンピングブレーキですね。

軽自動車は車体が軽いので、減速しなくても停まれます。

 

ブレーキランプが点いてから、減速して停まるまでの時間が、乗用車に比べ軽自動車の方が速い。

前を走っている車の重量を意識しないと、ブレーキのタイミングで冷やりとします。

 

信号の変わり目で右折車がいても突っ込んでくる

マナー以前にルールとして、黄色信号のときは交差点に進入してはなりません。

すでに交差点に進入している車は、急停止せずに通り抜けることはできます。

 

しかし雰囲気としては、黄色信号のときは気づかなかった体で、交差点を通り過ぎるケースも多々あります。

 

以前住んでいた場所では、右折車が信号待ちしているときは、右折車をスムーズに曲がらせるために、黄色信号で交差点に進入しないという暗黙のマナーがありました。

 

今住んでいる場所は、これが通用しません。

右折車が信号待ちしているときに、黄色信号でも赤信号でも、構わずに突っ込んできます。

ひどいときだと、1つの信号で青から赤に変わるまで、身動きがとれないこともあります。

 

思いやりをもって、譲り合いたいものです。

駐車するときにハザードランプを点ける

これは以前住んでいた場所では、なかった習慣ですね。

駐車中なので、周りは気をつけるように、といった意思表示でしょうか。




土地柄によって変わるマナーに思いやりを持とう

1年の半分が雪に埋もれている土地もあれば、都会や田舎でそれぞれマナーは変わります。

視野がせまいと不要なトラブルを引き起こしかねません。

 

運転するときは心に余裕をもち、冷静な判断を心がけたいですね。




-自己実現

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.