プロフィール

パチンコ漬けの夫が依存症を克服した話

更新日:

ギャンブル依存症は治ります。

 

僕は24歳から29歳の5年間、パチンコとスロットで600万円を浪費しました。

 

しかし今ではギャンブル依存症を克服し、妻や子どもと平穏な生活を送っています。

 

パチンコに魅力を感じる気持ちはよくわかりますが、もうあの頃の生活に戻りたいとは思いません。

 

パチンコ漬けだった夫がどうやって依存症を克服して立ち直ることができたのか。

 

今もなお悩み苦しんでいるあなたにぜひ読んでいただきたいです。

 

人生でギャンブルしないためにパチンコをしてた

 

高卒でフリーターになるまで将来の夢がいくつかありましたが

 

 

どうせ自分には無理

 

 

自尊感情が低かった僕は夢を実現させるためのチャレンジを怖がってリスクを避けていました。

 

人生でギャンブルすると取り返しがつかないから、パチンコでギャンブルするくらいがちょうどいい

 

虚勢を張ってそんなことを本気で思い込んでいました。

 

時間とお金を浪費することが、チャレンジするリスクとは比べ物にならない損失であることに気づいていなかったのです。

 

勝ったら嬉しく負けても楽しい

 

パチンコもスロットもお金を賭けていました。

 

家庭用ゲーム機や携帯アプリでパチンコやスロットをプレイしたこともありますが、まったく楽しめませんでした。

 

 

お金が増えるかもしれない

 

 

その期待がギャンブルに向かわせ、夢中にさせるのです。

 

事実、勝ってお金が増えることもあります。

 

お金が増えるともちろん嬉しいのですが、厄介なのは負けても楽しく感じてしまうことです。

 

表面的には悔しいしイライラします。

 

しかし、次の日には朝から台に座り勝ち負けに一喜一憂するわけです。

 

負けて嫌な気持ちになってもそのことを忘れ

 

 

次は負けない

 

 

そんな風に都合よく解釈し、次の勝ちへの期待に胸を膨らませて楽しんでいるわけです。

 

収支記録をつけない

 

パチンコやスロットを稼業としている人以外はほとんど収支記録をつけていないと思います。

 

なぜなら毎月の損失が可視化されて目が覚めるからです。

 

給与収入が一番多かった時期は24歳から29歳の5年間で、浪費できる金額もそれなりにありました。

 

月10万円 × 60ヶ月 = 600万円

 

自由に使えるお金をすべてギャンブルにまわしていたので、600万円ほど浪費したと推察されます。

 

収支記録をつけ始めることで、目が覚める人もいるかもしれませんね。

 

借金をしたのは1回だけ

 

ギャンブルといえば連想されるキーワードは借金ですね。

 

あと1万円あればほぼ確実に一区切りつく

 

僕がスロットに通っていた頃はそんなケースがありました。

 

ある時そんな状況に遭遇し最寄のキャッシングで1万円借り入れしました。

 

その日勝ったかは覚えていませんが、近日中にすぐ返済したので利息はほぼなかったことは記憶しています。

 

このキャッシングの経験は、借金してギャンブルはヤバいということを改めて実感しました。

 

返済計画のないままに借り入れをすることは、それこそ人生のギャンブルに他なりません。

 

この辺りからギャンブルから足を洗うことを真剣に考え始めました。

 

ギャンブルをやめるきっかけになった2つのこと

 

600万円を浪費してなお、すぐにギャンブルをやめることはできませんでした。

 

ギャンブルをやめるきっかけは2つありました。

 

人生を再チャレンジする決意

 

お金は浪費せずに夢中になれることを見つけた

 

 

子どもが産まれ自分ひとりの人生ではなくなった

 

結婚してもギャンブルをやめることはできませんでした。

 

しかし子どもが産まれてから意識が変化しました。

 

 

子どもに誇れるような父になりたい

 

 

その思いが徐々にギャンブルへの誘惑を断ち切っていきました。

 

自分ひとりの人生ではなくなったことで人生を再チャレンジしたいと思えるようになりました。

 

スマホなら浪費するのは時間だけで済む

 

もうひとつのきっかけはスマホでした。

 

ソーシャルゲームは時間を浪費しますが、課金しなければお金はかかりません。

 

いきなり人生を180度転換するのはハードルが高かったので

 

 

お金を浪費しない

 

 

それだけの理由でソーシャルゲームにのめりこんでいきました。

 

遠回りにはなりましたが、今ではソーシャルゲームもやめてこうしてブログ活動に専念することができています。

 

終わりに:今もギャンブルに悩むあなたへ

 

ギャンブルを始める、続ける、やめるきっかけは人それぞれです。

 

耐え難い精神的苦痛から逃れるためにギャンブルを選択した人もいるでしょう。

 

ただしこれだけは言えます。

 

 

あなたはひとりではありません。

 

 

がいる人、友人や恋人がいる人、妻や子どもがいる人、そのいずれもいない人でも

 

 

今こうしてブログを書いている僕がいます。

 

 

検索やSNSでこのブログを見ただけで、僕とは何の関わりもないと思うかもしれません。

 

しかし今もギャンブルに悩むあなたは過去の僕なのです。

 

僕にとっては他人事とは思えません。

 

ギャンブルに悩む当人、そのパートナーや近しい人。

 

もしギャンブルをやめたい、やめてほしいけどうまくいかないのであれば

 

ギャンブルを克服した人と接してみることで、変わるきっかけになるかもしれません。

 

Twitterで連絡いただければ相談に乗れますし

 

Twitterをやらない人はメールフォームから問い合わせをすることもできます。

 

わかることはお伝えしますし、わからないことは調べます。

 

一緒にギャンブルに悩む人を減らしていきませんか?




スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロフィール

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.