自己実現

手作り弁当を捨ててコンビニ弁当や外食する人が増える理由

更新日:

お弁当は毎日違うメニューでなければダメですか?

 

栄養バランスが偏っていると食べ物失格ですか?

 

夫婦でお弁当の価値観を共有できていますか。

 

独りよがりな考え方で相手を傷つけていませんか。




一日の仕事を乗り切るために重要なランチタイム

 

朝から夕方まで働いているとランチは勤務先の近くで食べることになります。

 

ランチは手作り弁当持参やコンビニ弁当、外食など様々な取り方がありますね。

 

午後からの業務を乗り切るうえでランチはとても重要です。

 

勤務形態によってコンビニ弁当や外食をせざるを得ない人もいますが、特段の理由がない人は自由にランチを選択できますね。

 

ランチのために追加でお金を払うコンビニ弁当と外食

 

手作り弁当が家の食材で構成されているのに対し、コンビニ弁当と外食のどちらも食べるために別途お金を払っています。

 

コンビニ弁当に1日500円払うと20日間で1万円。1日1000円の外食だと20日間で2万円にもなります。

 

支出を抑える場合は手作り弁当を選択することが多そうですね。

 

毎日同じお弁当で家事を効率化する記事を書こうと思った

 

手作り弁当といってもメニューのほとんどを手作りする場合もあれば、冷凍食品の比重が多い場合もあります。

 

共働きの夫婦がどちらか、または当番制であっても毎日のお弁当メニューを豊富にするのは骨が折れます。

 

そこで毎日のお弁当メニューを同じものにして、食材のローテーションや朝ごはんの支度と平行して作ることで効率的に家事ができる記事を書こうと思いました。

 

しかし記事を書くための調べ物を始めたところ、驚きの事実が判明したのです。

 

お弁当が気に入らないから捨てるという驚きの書き込み

 

毎日お弁当が同じメニューで飽きる。おいしくない。

 

好きなものを食べたいから愛妻弁当は捨てている。

 

このような書き込みが散見されたのです。

 

もちろんこんな人ばかりではないと思いますが、作った人への思いやりが微塵もなく独善的で幼稚な意見が目立ち、とても悲しい気持ちになりました。

 

足りないのは愛情ではなく夫婦の話し合い

 

愛情を込めてお弁当を作るなら、栄養バランスが考えられメニューも豊富なはず

 

そんな心無い意見をたくさん目にしました。

 

愛妻弁当を食べられない事情があるなら、そのことを話し合えばいい。

 

他のものが食べたいなら素直に言えばいい。

 

味が合わないなら改善してもらうか自分が作ればいい。

 

夫婦で話し合いが足りていれば、お弁当を捨てるという結末にはならないはずです。

 




世間の目という幻想から解き放たれよう

 

この記事を書くにあたり、妻の意見を聞いてみました。

 

毎日同じメニューで全く問題を感じてはいない。

ただし世間一般ではお弁当はメニュー豊富であるべきと考えてる人が多いのではないか。

 

お弁当に対する価値観は人それぞれです。

 

作る人が手抜きをしているならば改善の努力をすべきです。

 

でも本当は存在などしない世間の目を気にして、お弁当はこうあるべきという強迫観念に踊らされるのはナンセンスです。

 

自分をしっかりもって夫婦で話し合って、お弁当を楽しく食べられたらいいですね。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自己実現

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.