趣味

電子書籍のデメリットを考えると、僕と妻は紙の本が好き。

投稿日:

ノイ夫婦は書籍を紙で買う派です。

理由はシンプルに、電子書籍は目が疲れるから。

目が疲れて内容が頭に入ってきません。

情報を得たいだけなら、電子書籍もあり。

ゆっくり本を楽しむなら、紙の本が好きです。



紙の本を買う4つの理由

デジタル機器の光は眩しい

パソコン、スマホ、タブレット。

この15年で電子機器の利便性がウナギ昇りですね。

仕事でも遊びでも、何らかの電子機器に触れています。

暗闇でも電子機器ひとつあれば用が足りるのは、すごい発明ですよね。

ただし、本を読むときは少し疲れます。

文字情報の処理だけでも大変なのに、明るさの処理もプラスされるので、目と脳への負担がハンパないです。

紙の本は充電の心配がない

タブレットで本をみたいとき、充電がないとコンセントにつないだり、モバイルバッテリーにつなぎますよね。

そうまでして本を読みたいのかと。

本の良さって、パッと取って、サッと読んで、ポンとおけるところじゃないかと。

タブレットに入ってるのは電子書籍のデータだけじゃなくて、写真だったり、子どもが遊ぶゲームだったり、祖父母とFacetimeするものだったり。

大事そうにそろりそろり扱うもので、本を読むのが無駄にハードルあがるんですよね。

仁義なき戦いで本を読むのって何か違う

ノイ家はタブレットはiPad1台です。

Amazonでショッピングするのも、Googleで調べ物するのも、スーパーマリオランで遊ぶのも、Youtubeでヒカキン見るのも全部1台でやります。

電子書籍の入る隙間がどこにあるというのでしょう。

夫婦ともに目が悪いので、スマホの小さい画面でできるのはツイッターくらいです。ツイッターはやるのかよ。

家族で同じ時間を過ごしていると、何かを始めようと思うタイミングは大体一緒です。

そんな時にタブレットの使用権を仁義なき戦いで争う要素は、1つでも少ない方がいいじゃありませんか。

ナンボ軽いとはいえ、そこそこ重い

ノイ夫婦は肩こりです。

寝そべって本を読む(行儀悪い)くらいならできても、タブレットは若干重いです。

うとうとしながら操作してたら、落として顔面グシャとか怖いですからね。

精密機器なんで少しくらい重量があって当たり前。

本を読むのに精密機器の重量は、実は結構な障壁なのです。

紙の本を買う4つの理由まとめ

  • 眩しい
  • 電池切れる
  • タブレット奪い合いになる
  • ちょっと重い



でもやっぱ安いんだよなー電子書籍

値段。

こればかりは電子書籍に軍配があがります。

出版社での印刷とか、流通のコスト考えたら、紙の本は値段下がらないの当然なんですけどね。

電子書籍なら★ダウンロードしてね★で終わりですもん。

まあゆっくり見たいときは紙の本。

金銭的に厳しいけど情報だけはどうしてもほしいときは電子書籍ですかね。

 

そんなノイのほしい本リストはこちら。

リストに本以外が混ざってたら、きっと子どもの仕業です♪

-趣味

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.