ノイのプロフィール

はじめまして。運営者のノイ(@noizlife)と申します。

京都府在住、30代、パート主夫をしながらブログを書いています。

現在は大黒柱のノイ嫁と、8歳の息子、6歳の娘と4人で暮らしています。

副業としてブログを始めましたが、まだまだ試行錯誤の日々。1人でも多くの方へ有益な情報を届けたいと願っています。

よろしくお願いします。

★影のプロフィールもあります★

運営者のプロフィール

1980年生まれ。ふたご座。AB型。北海道札幌市出身。妻、息子、娘の4人家族。

20代は契約社員や非常勤職員として勤務。

34歳のとき、妻が正社員になり京都府へ転勤。パート主夫になる。

37歳でブログを開始。ブロガーを目指す。社労士の勉強中。

ブログを始めた理由

ブログを始めた理由は、お金を稼ぐため。

パート収入だけでは心もとないので、家計の足しになればいいなと思い、ブログの収益化を目指しています。

「家庭と複業を両立させる」ことを目標にしているので

  • 家のこと
  • パート事務の仕事とブログ

この2つを両立させて、収益の柱にしていきます。

運営者の生い立ち~高校生まで

チビで生意気な小学生時代

北海道札幌市で生まれました。

小学生の頃は、勉強で特に困ることはありませんでした。

身長は平均よりかなり低く、運動はそれほど得意ではなかったです。あと口が悪かった。

チビ・勉強ができる・生意気な口をきく → ガキ大将にシバかれる日々

歌が好きで合唱団に入る → 団員がほぼ女子 → イジメられて退団

お小遣いをすべてトレカにつぎこむ → 親が激怒しお小遣い減らされる

※散財するクセ、昔から変わってないなあ・・・

根性がなく部活が続かない中学生時代

中学1年生で友人の付き合いでバレー部に入るも、練習がきつく3ヶ月で退部。

中学2年生で思い切ってサッカー部に入るも、体調を崩し1年で退部。

中学3年生はスラムダンクの影響を受けるが、部活には入らずバスケは嗜む程度。

勉強は中学1年生の終わり頃に成績が落ちたことから、学習塾に通い始めました。

成績は上位クラスでしたが、内申点が芳しくなく、ランクが1つ下の高校へ進学。

これが悲劇の始まりだったかもしれない・・・

演劇部を3年間やり切った高校生時代

高校では演劇部に入部しました。

この頃音楽にハマっていて、バンドをやりたかったが進学した高校には軽音部がない。

新入生歓迎公演が面白かったのと、声帯を鍛えるのに演劇部でトレーニングするのもいいかと思い入部。

バンドは有志で組んだけど、方向性の違い(笑)から1年で解散。

結局演劇部を3年間やり通すことに。

演劇部時代の先輩とは、最近Facebookで再会を果たしました。

人生何が起こるかわからないですね。

しかし演劇部は結構忙しく、勉強はここで大きく成績を落としてしまいました。

実家に進学資金が十分になかったことと、自身の学習意欲の低さから、大学進学はせずフリーターになりました。

実家との折り合いも悪く、1人暮らしを開始。

※当時は「浪人して大学を目指す」と豪語していましたが、そんな甘い世界ではなかったですね・・・

フリーター時代(19歳~23歳)

1人暮らしのアルバイト生活を満喫

レストランで料理を運んだり、後片付けをするだけの簡単なアルバイトを始めました。

取り立ててスキルが必要な仕事でもなく、生活するための収入を得る手段としてしか考えていませんでした。

2年半ほど勤めた後、時給のいい深夜のコンビニに転職しました。

昼夜逆転の生活はかなり消耗しました。

それでも1年半ほど勤め、大学に進学した友人たちが就職活動を始めたタイミングで、自分も中途採用の就職口を探し始めました。

学習塾の営業の仕事がブラック過ぎて半年で逃げ出した話

中途採用で就職した学習塾は、それまでのアルバイトに比べブラック過ぎました。

この話は、ヒトデさんの「今日は社蓄祭りだぞ!」に「学習塾の営業の仕事がブラック過ぎて半年で逃げ出した話」として投稿させて頂きました。

寄稿した感想の記事も書いています。

★合わせて読みたい★

半年で逃げ出してからはパソコンの勉強をして、再就職の道を模索しました。

社会人時代(24歳~29歳)

インターネットサービスプロバイダのテクニカルサポート

再就職先に決まったのは、コールセンターの契約社員でした。

インターネットに接続できない、メールの設定方法が知りたいなどの、技術的なサポートが主な業務でした。

現在にいたるまでのパソコンやインターネットの知識は、この会社で培ったといっても過言ではありません。感謝です。

27歳のときに7年交際を続けたノイ嫁と結婚し、29歳のときに息子が生まれました。

・・・子どもが生まれたことが、僕の人生の転機でした。

今のままで胸を張って父親だと言えるのか

子どもが生まれ、自分の人生を振り返ってみました。

大学へ進学せずフリーターになり、その場しのぎで働き続ける。

正社員の見込みは現状ない。

今のままで「父親」だと胸を張って言えるのか?

自分に問いかけ、1つの答えが出ました。

「大学に・・・行こう。」

同じ契約社員として入社した同期も、正社員に昇格するのは大卒ばかり。

「学歴がすべてじゃない」とはいっても、大学へ進学した人は、そこで学んだ経験を仕事に活かしているのだろう。

自分の力だけで、周りに追いつけるほどの学習意欲はもうない。

ならば大学へ行き、今の自分にはないものを学んだうえで、更なる高みを目指そうと決めました。

★合わせて読みたい★

非常勤職員時代(30歳~33歳)

コールセンターは土日祝日も出勤ですが、大学は年4回スクーリング授業があり、土日祝日は授業に行かねばなりません。

そこでコールセンターを退職して、土日祝日がお休みの市役所の非常勤職員として再就職しました。

職務内容は、税金の滞納者を差し押さえるための財産調査。

銀行や生命保険会社に財産調査を行い、預金や生命保険・学資保険などの資産の差し押さえのサポートをしていました。

法律や税金に関する知識はここで習得しました。感謝です。

31歳のときに娘が生まれ、ノイ嫁が再就職を考え始めました。

そして再就職後、正社員登用試験に合格し、ノイ嫁は大黒柱・ノイは主夫としての地位が確立しました。

そして現在

ノイ嫁の正社員登用に伴い、京都府へ転勤で引っ越してきました。

ノイ嫁は身体が弱いので、ノイが全力でサポートします。

もちろん子どもたちの世話や日々の家事、パート事務の仕事も両立させます。

子どもたちのこれからを考えると、収入は可能な限り増やしていきたい。

しかし現状ノイが正社員になって労働のボリュームを増やすと、家のことに支障がでる恐れがある。

そこで行き着いたのが「不労所得」です。

子どもが生まれるまでは自分のことしか考えていなかった

コールセンター時代、生活できるだけの収入は確保していました。

しかし当時パチンコやスロットといったギャンブルにハマっており、累計600万円ほど浪費してます。

これはすべて「自分が楽しいかどうか」でしか、物事を判断できない自分の甘さが原因でした。

子どもが生まれてからは何よりも「家族のため」を思って行動するようになりました。

家庭と複業を両立させるをテーマに

家のことはもちろん大事です。

ただ家のことだけやっていれば、必要な収益が確保できるほど、世の中甘くありません。

家のことを最優先に考えつつ、労働収入や、ブログなどの資産を構築し、そこから発生する不労所得を組み合わせて、富を築いていく。

労働のみに頼らない収入の模索は、これからの時代を生きる子どもたちの道標にもなると考えています。

家庭のこと、労働のこと、投資のこと、ブログのこと。

どれも大切だから、どれも諦めない。

そんな願いを胸に抱いて、ブログを書いています。

ノイからのお知らせ

Amazonほしいものリストを公開しています。このブログが役にたって「応援したい」と感じたら、ご支援いただけると幸いです。

★Amazonほしいものリスト★

嫁もブログをやっています。

嫁のブログ:ノイ嫁ブログ http://yome.n-o-i.com/

こちらもよろしくお願いいたします。

SNSアカウント

Twitter

ブログに関する情報を発信しています。ぜひフォローをお願いします!



更新日:

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.