社会保険・労務

労働安全衛生法の試験攻略ポイント

更新日:

労働安全衛生法は、対策の取りやすい問題と、トリッキーな問題が極端に分かれます。

トリッキーな問題は、傾向を読もうとするとキリがないので、取れる問題を確実に取りに行きます。

択一試験で最初の10問中、労働基準法7点、労働安全衛生法3点

選択試験で最初の5問中、労働基準法3点、労働安全衛生法2点です。

労働基準法で取りこぼしたときのためにも、労働安全衛生法で簡単な設問がでたときは、ぜひ取っておきたいところです。



労働安全衛生法の目的

労働をしていると、何らかの危険はつきものです。

労働者が自分で気をつけるのは限界があるので、事業者が注意すべき点を法律で定めています。

安全衛生管理の責任者

事業者が注意すべきといっても、どこの誰がどのように注意すればいいのかを定めねばなりません。

業種や、事業場の規模によって、定める責任者の種類や数が決まってきます。

機械の検査に関する規制

製造や工事に使う機械は特に危険がいっぱいです。

機械の製造、設置、検査について、どのような検査が必要か、検査の有効期間も定められています。

危険物や有害物に関する規制

製造の禁止や、製造に許可が必要な危険物や、取り扱いに注意を要する有害物に関する規制も定められています。

安全衛生教育

事業者がいくら気をつけていても、実際に作業する労働者が何も知らないと、監督が難しいです。

そこで、安全に関する教育や指導を、担当者が行います。

健康診断

意外かもしれませんが、健康診断は労働者安全衛生法で定められています。

一般的な健康診断の他、有害物を取り扱う特殊な職業のための健康診断もあります。

過労死の防止に、残業時間が法令に違反していないかも、聞き取りが行われます。


雑則もたくさんあります

カテゴリしきれない細かいところも、たくさんあります。

過去問で頻出の部分をメインに押さえておくとよいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会保険・労務

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.