社会保険・労務

社労士という職業についてブログに書いてみたよ。

更新日:

この記事は、社労士について書いています。

「社労士という言葉を聞いたことはあっても、実際にどんなものなのか知らなかった」と言われることがよくあります。

実は、社労士は普段の生活に密接に関わっています。

知っているか知らないかで、今後の人生に大きな影響を及ぼします。

この記事を読み、ぜひ社労士について知ってみてください。




社労士とは、社会保険労務士という職業のこと

社労士とは「社会保険労務士」という職業の名前を省略したものです。

弁護士や税理士などの「士」がつく職業、「士業」に分類されます。

士業は独占業務といって、「資格をもっていない者がその仕事をしてはならない」と法律で定められています。

違反したら法律で罰せられます。

社会保険労務士の仕事は、年金や健康保険、労働に関すること

社会保険労務士の仕事は、資格の名前にある通り「社会保険」と「労務」です。

社会保険はいわゆる「年金や健康保険」、労務は「労働に関する業務」を指します。
病院で使う健康保険や、失業した時の雇用保険、有給休暇を定めている労働基準法。

普段の生活や仕事の中で、意外と社会保険や労務が関わっていることが多いものです。

労働がオワコンになるのは、少し先の未来

いずれ労働は機械が取って代わるという見解もありますが、それはまだ少し先の未来。

人間が働き、生活の糧を得る時代はもう少し続きます。

だからこそ、社会保険や労務に関する知識は、知っておいて損はありません。

学校を卒業したら「知らなかった」では済まされない

多くの人は、学校を卒業したら仕事に就きます。

会社勤めであれば労働者として労働基準法を使います。

起業するにしても、国民健康保険に加入します。

会社を退職したら失業保険。

老後は年金。

生活のあらゆる場面で、社労士の知識は「役に立ちます」。

学校を卒業したら、もう大人ですから「知らなかった」では済まされないですね。

(知らない大人、たくさんいますけど)

社労士になるには国家試験に合格する必要がある

毎年8月の第4日曜に、社労士の国家試験が開催されます。

その試験に合格したうえで、所定の要件を満たさなければ、社労士として仕事をすることはできません。

社労士試験に関する詳細情報は、公式サイトをご覧ください。

社会保険労務士試験オフィシャルサイト

社労士ブログという道

今回この記事を書いたのは、社労士という職業とブログをつなげるためです。

社会保険や労務に関する知識はとても大切ですが、一般の人には敷居が高いように感じます。

でもブログという形で、わかりやすい身近な例で理解が深まれば、きっと普段の生活に役立つことが実感できます。

これからブログを通して、生活に役立つ「社会保険の知識」「労働の知識」を発信していきます。

ノイ
応援、よろしくお願いします。




-社会保険・労務

Copyright© NOIzLIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.