完全ワイヤレスイヤホンを一度は体験してほしい!気になるデメリットも紹介!

3 min 0 views
wireless_earphone

スマホ付属のイヤホンは線がよく絡まってしまいます。

通勤で毎日ほどくのは気が滅入る・・・しかも耳の形に合わないとずり落ちてくるんですよね。

カナル型のイヤホンなら耳にフィットするんですが、どうせイヤホン買うならと思ってワイヤレスを選んでみました。

ワイヤレスイヤホンを選ぶときの参考になれば嬉しいです。

ワイヤレスイヤホンの種類

+ 種類は大きくわけて2つ。

  • 左右一体型ワイヤレス
  • 完全独立型ワイヤレス

音を出す機械とイヤホンがケーブルで繋がれていないモノをワイヤレスイヤホンと呼びます。

左右一体型は、左と右のイヤホンがケーブルで繋がれています。本体とは繋がっていません。

完全独立型は、耳栓のように左右のイヤホンが完全に独立しています。

左右一体型の特徴

+ 左右一体型は音を出す機械と繋がってないだけなので、左右のイヤホンは普通にケーブルで繋がっています。

  • 価格が安い
  • ペアリング不要
  • ケーブルが絡まる
  • 付属ケーブルで充電

音も左右同時に出るので、完全独立型のようなペアリングも不要。

充電も付属ケーブルだけなためか、完全独立型に比べると価格は安い。

普通のイヤホンよりはマシかもですが、左右が繋がってるので結局絡まりそう。

完全独立型の特徴

+ 完全独立型は左右バラバラで、耳栓のような形です。

  • 価格は高め
  • 充電ケースが付属
  • 左がメインで右をペアリング

充電するケースが付属しているためか、価格は高め。

左右同時に接続するわけではなく、音が出るのは左がメイン。右は左とシンクロする作業、ペアリングすることで左右同時に音が出ます。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

実際に使ってみて感じたデメリットをいくつかご紹介します。

遮音性が高すぎる

まったく聴こえないとまでは言いませんが、周囲の音はかなり気にならなくなります。

喧騒から逃れる意味ではいいですが、音が聴こえにくいために起こるトラブルも気をつけねば。

  • 救急車や踏切の音に気づかない
  • 子どもが夜起きても気づかない
  • 人混みで音の情報が無くなるため目が疲れる

音楽に集中しすぎると、電車のアナウンスを聞き逃す恐れもあります。あと車の運転中とか絶対ダメ。

子どもが夜に起きて泣いているのに、イヤホンをしてて気づかなかったら・・・

想像しただけで恐ろしい。

軽すぎる

小さくてとても軽い反面、重みがなさすぎて不安になることも。

耳に当たってる感触が気になるな~と思い触ってたら、バスの中でぽろっと落としてしまい。

服に落ちたのか地面に落ちたのか感覚がなく、すぐに見つけられなくて焦りました。

着脱するときに落とさないように注意が必要です。

ペアリングの精度が悪い

右のイヤホンはペアリングしないと聴こえません。

自分が買った商品だけかもしれませんが、スムーズにペアリングされないときがあります。

左からしか聴こえずイライラしてしまうことも。

あと操作にクセがあります。

外側をグッと長押しすると電源オフになるので、耳にフィットするよう動かしてるときうっかり押してしまうことも。

イヤホンを動かすときは外側のフチを持つとよいです。

こまめに充電が必要

普通のイヤホンとの最大の違いが充電でしょうね。ワイヤレスイヤホンは充電が切れたら使えません

ケースがフル充電だと、イヤホン本体にも何回か充電できます。ただケース自体の充電を忘れてしまったら・・・

モバイルバッテリーなどを使ってこまめに充電するクセをつけるといいかも。

使いたいときに使えなかったらストレス。

ワイヤレスイヤホンのメリット

デメリットをいくつか紹介しましたが、それを上回るメリットがワイヤレスイヤホンにはあります!

ケーブルなしイヤホンを一度は体験してほしい

これに尽きます。とにかく一度体験してほしい。

  • ケーブルが顔につくわずらわしさからの解放。
  • 音を聴くために首を固定する必要もなく。
  • 音とともに生きる。そんなフレーズがぴったりのつけ心地。

もうケーブルつきイヤホンには戻れません。(必要なときは使いますけど)

自動でのペアリングが便利すぎ

充電ケースから取り出すと自動で電源オン。そのまま自動でペアリング。

機器との接続は基本自動ですが、うまくいかないときは手動で接続したほうが早いことも。

また近くにパソコンやスマホなど複数ある場合、片方の接続を切ってもう片方を接続する手間がかかることはあります。

カナル型だと音漏れも少ないし。

遮音性の高さと軽さはメリットでもある

デメリットでもありメリットでもある遮音性の高さと軽さ。

遮音性が高いので、雑音が気にならず集中できる。

軽いので運動するときも邪魔にならない。

ワイヤレスイヤホンまとめ

  • 遮音性の高さと軽さはメリットデメリット両方ある
  • ペアリング精度悪いときあるが自動ペアリングは便利
  • こまめに充電しよう
  • ケーブルなしイヤホンを一度は体験してほしい

左右一体型だと音を出す機械と別々で便利だな~程度の感想です。

でも完全独立型を体験した感動は、ぜひ一度味わってほしいですね。

Sponsored Link
ノイ

ノイ

歌・スプラトゥーン2・人狼ジャッジメントが好きな兼業主夫ブロガー。パソコン・インターネット・法律に関係する仕事を経験。忙しい毎日を楽しく暮らす情報を発信中。

FOLLOW

カテゴリー:
Sponsored Link
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください